諸田広美(メゾソプラノ)

第21回 諸田広美(メゾソプラノ)

群馬大学教育学部音楽専攻卒業。東京芸術大学大学院オペラ科修了。
イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院卒業。
これまで2度にわたり5年間イタリアに留学し、
国際ロータリー財団、群馬県、イタリア政府、安田生命QOL文化財団、文化庁より助成を得る。
2005年オペラ「ジュリアス・シーザー」準主役で、二期会デビュー。
2006年オペラ「カルメン」主役で、ミラノ・ロゼトゥム劇場デビュー。
その後、日生劇場、東京室内歌劇場等の公演に、主要な役で出演。
2011年宮本亜門演出:二期会創立60周年記念オペラ「フィガロの結婚」出演。
2013年、2015年、アメリカ・ロサンゼルスに招かれて演奏。
2015年群馬交響楽団創立70周年記念オペラ「蝶々夫人」スズキ役出演。
2016年新国立劇場にて文化庁主催ガラ・コンサートに出演。
これまで、群馬、東京はじめ香川、イタリア、チェコ、ポーランドなど各地でリサイタル開催。
第1回ロシア声楽コンクール優勝。
2015年藤原歌劇団に移籍し、2018年オペラ「フィガロの結婚」で藤原歌劇団デビュー。
現在、藤原歌劇団団員。

1) 音楽家になられたきっかけ
母の影響が大きいですね。
母が音楽教師を目指していて、結局は音楽大学には行かなかったのですが、自宅でピアノを教えていました。
気づいたら遊び感覚でピアノを習い始め、最初は地元の群馬大学に入学し、音楽教師になろうと思っていたのですが、今思えば、それも母の願いだったかもしれないですね。
受験の準備で色々なレッスンをしていく中で、声楽も習いはじめ、声楽の先生から声楽家に向いていると言われ、自分でもピンとくるものがあり、声楽の道を目指すようになりました。

高校卒業後、東京芸大と群馬大学を受けました。
現役では東京芸大はご縁がなく、群馬大学に行きましたが、大学時代はサークルの方が夢中で、文化祭の実行委員長などもしました。
その中でロータリーの方と出会い、ロータリーの奨学金のお話しを聞き、留学したいと思いました。
両親も、「ロータリーというバックアップがあるのなら」と許してくれ、イタリアのヴェルディ音楽院に留学しました。
その時、ヴェルディ音楽院の声楽科に日本人は、私だけでした。
4年経って、イタリアに残りたい気持ちもありましたが、4年生の最後に奨学金が取れませんでした。
自分はまだ日本で知られていなかったのと、披露の場が欲しかったので、東京芸術大学の大学院を受け、幸運にも合格し、日本に戻ってきました。
大学院修了後、二期会の研修所に入り、その後二期会の会員になり、10年在籍しました。
途中、文化庁の派遣により、2度目の留学でローマに一年間行きました。
よりイタリア・オペラに出演したいと思い、2年前に藤原歌劇団に移籍しました。

2) これから目指されていること、予定など
群馬は、音楽の街で、群馬交響楽団があります。
地方都市にプロのオーケストラがあるのは、とても珍しく、外国人奏者もたくさんいます。
ロシア人のチェリストがいて、その方の奥様もロシア人で、ずっと私のピアニストを務めてくれています。
そのご縁で、ロシアとのご縁も出来ました。

2年前に日本で初めて、「ロシア声楽コンクール」があり、優勝させていただきました。
まだまだ、日本ではロシア作品が広まっていない部分があり、これからロシア作品を広めていくお手伝いもしたいと思っています。

音楽大学を本気で狙えば、かなり投資が必要になりますので、現在沢山の生徒さんに教えていますが、昔のように音楽大学に行きたい人は減っています。音楽を目指しても、保育園の先生になりたいとか、音楽教師になりたいという方が多いです。
私の生徒さんも、プロを目指す人よりは、生涯の学習として学んでいる方が多いです。
常時合唱団も3つ教えています。
個人の生徒さんはもとより合唱団の団員さんも含めて、なるべく多くの方に、歌の楽しさ・素晴らしさを知っていただきたいですし、皆で歌の文化を広めていければと思っています。

直近では、4月末に藤原歌劇団の「フィガロの結婚」の舞台が待っています。

3) 音楽家を目指す方へのメッセージ
「情熱」が一番大切だと思います。
練習や勉強を続けるにも、プロとして舞台に立ち続けるにも情熱が必要です。
ずっと音楽家でいるためには、ずっと勉強で、研鑽を積む必要があるからです。
オーディション、コンクール、試験など、チャレンジしていくには、情熱が必要です。

音楽をやり続けるには、投資していかなければならないですが、奨学金などを貰うことも出来ますので、情熱があるならば、諦めずにチャレンジしてほしいと思います。

PAGETOP
Copyright © 音楽マンション倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.