EMiKO VOiCE(ヴォーカリスト)

言葉の響きを大切に届ける「歌」と、楽器の様に操る「Voice」を併せ持つヴォーカリスト。

アメリカのJazz、ブラジルを中心とした南米音楽(ラテン)、日本の小唄や江戸端唄まで、、、。国境を越えた幅広いレパートリーを持つ。パーカッション叩き歌いや、ピアノ弾き語りも得意とする。

現在は関わるジャンル毎に、様々なプロジェクトを展開する一方で、スキャットワークショップや、美顔ボイトレなど、声の持つ可能性を広げるレッスン活動も積極的に展開。ヨガ講師の資格、着物の着付け能力なども活かし、美しく健康で楽しい生活を送れる各種講座が大好評で継続中である。

5歳よりNHK児童合唱団に所属し、テレビ・ラジオにレギュラー出演。早稲田大学卒、奨学生として米国バークリー音楽大学卒。ニューヨークでジャズ歌手として活躍し’03年帰国。

受賞歴:
第2回さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト グランプリ受賞。
吉祥寺音楽祭吉音コンテスト 、グランプリ受賞。
第5回神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト 準グランプリ受賞。

主な活動歴(プロジェクト):
ジャズピアニスト、スガダイローとの”Phase DUO”(’05~’12年)
ギタリスト助川太郎とのブラジル音楽ユニット『メヲコラソン』(’03年~)
ピアニスト佐藤浩一との和物JAZZ『Carta~手紙~』(’17~’18年)
フィリップ・ストレンジ、ピアノトリオとのJAZZ
『Blackberry Dreams』(’19年~)
トレス・パッサリーニョス~ボサノバコーラス~『Vento』(’19年~)
ピアノ弾き語りSOLO『 PiANO VOiCE』(’20年~)
Gracelily Sisters~ジャズコーラス~(’22年アルバムリリース予定)

更なる詳細はEMiKO VOiCE wikipedia

2022年5月17日渋谷クロスFM『音楽マンションプレゼンツ Life with Music』出演映像アーカイブ

音楽を始めたきっかけ

早稲田大学を出て、一般企業の総合職で就職し2年働いた後、奨学金を得てアメリカのバークリー音楽大学に留学しました。
同時期の日本人には、上原ひろみ、コトリンゴ、辻理恵(ビヨンセのキーボディスト)山中千尋、などの方々がいます。
在学中からボストン、ニューヨークでライブ活動を始めて、2001年に移住したニューヨークで9.11も経験しました。

もともと普通にジャズシンガーを目指していたのですが、2003年にギタリストと作ったボサノバのデモ音源があるプロデューサーの耳に留まり、日本語でオリジナルボサノバを歌う、ポップスDUO「メヲコラソン」として、メジャーデビューすることになり、帰国しました。

その後、メヲコラソンは、ポップスから次第に本格的なブラジル音楽ユニットに進化し、特に7年連続ソールドアウトの『夏のなま音ホールコンサート』が人気企画となりました。「邦人最高峰のブラジル音楽ユニット」とディスクユニオンさんにも称していただけたりして、嬉しかったです。

傍らで、ジャズの活動も続けていました。2005年より、バークリー音大同期で山下洋輔系列のフリージャズピアニスト、スガダイロー氏との「普通の曲が普通じゃない」”Phase DUO”で注目を浴びて、2012年には日本最大のジャズフェスティバルの一つ、”UENO JAZZ INN”に出演し、満場のスタンディングオベーションをいただきました。

20~30年とジャズだけを掘り下げて歌い続けられるのも素敵なのですが、私はジャンルに縛られずにマルチに色々な歌を歌いたいタイプみたいです。
最近では、ジャズ、ブラジル以外に、メキシコ、キューバ、アルゼンチンなど中南米音楽、はたまた日本人のアイデンティティに立ち返り、江戸端唄や小歌などをジャズテイストで歌ったりと、色々な歌をEMiKO VOiCE スタイルで表現し歌っています。それぞれの国ならではの背景から現れる歌詞世界も伝えたいですね。

YouTubeで「スキャット番長」という、ジャズスキャット のレッスン動画シリーズをアップしています。
ツアーでよく地方の方々からスキャット 番長だ!と呼ばれることもあります。

全国で、スキャットワークショップ、また月1で金曜日の夜に、
スキャットのサークル「田端で娑婆駄馬!」も開催しています。
スキャットは口の筋肉も、頭も使う、瞬発力も問われるので、美容と健康にも良い!と好評ですよ!

今後の予定

私のライブといっても、それぞれ色々なコンセプトでライブしてますので、スケジュールを見て選んできていただけたら嬉しいです。
弾き語り、ブラジル音楽、南米音楽、ジャズコーラスユニット、ボサノバコーラスユニットetc…。
定期的に全国にライブツアーも出かけたり、ラジオにも出演などもしています。

EMiKO VOiCE スケジュール
http://www.emikovoice.com/schedule/

音楽を目指す人へのメッセージ

「音楽を目指すべきでしょうか?他の道を選ぶべきでしょうか?」という相談が良く来ますが、「迷うならやめたほうがいい」とアドバイスしています。
誰に反対されてもやるくらいでないと、続かないよ、と伝えています。

お金を稼げるか?稼げないか?と言えば、稼げない可能性が高いとは思います。
でも、お金を稼げなくても、やりたいことをやっているので、幸せ度が高いんです。
好きだから、いつもクリエイティブなことを考えているので、楽しいです。
そして、すぐに動けます。
本当に好きなら、音楽は続けられるでしょう。楽しいことをして生きましょう!

2022年5月17日渋谷クロスFM『音楽マンションプレゼンツ Life with Music』出演映像アーカイブ

音楽家インタビュー

音楽家インタビュー

facebook

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 音楽マンション倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.